今日は、会社の中でも一番多い株式会社についてお話します。

株式会社の一番のメリットは多くの資本を集めて、大規模な企業運営ができる事です。
その多くの資本を集めるためには、多くの出資者から資金をあつめる
必要があります。
誰でも気楽に「ちょっと、出資してみようかな」
と思えるようなシステムでなければお金は集まりません。
そこで間接有限責任というきまりになっているのです。
株式会社の出資者は最初に出資した金額のみの責任でいいのです。
いくら会社が損をしても、その損害を負担しなくてもいいのです。

もし会社が倒産したら、出資したお金が戻ってこない
という限度で損をすればいいのです。

株主は他人に株式を譲渡するのは原則自由ですから、
株式を売れば出資したお金は回収できるのです。

これは誰でも気楽に参加しやすくするための制度です。

 

でも現実にはこのメリットを十分に活用している株式会社は全体の1%位です。
多くは、出資者は身内だけに限られている会社が多いのです。
つまり、株式会社のメリットを生かしている経営者はあまりいないという事です。

実際には、持分会社と変わらない実態なのに、
「株式会社の方が信用されそうだ」
「見栄えがいい」
などの理由で株式会社にしている会社が多いです。