顧客リサーチというと
お客様アンケートなどがあります。

私が最初に思い浮かべる
ネットに載っている
ホテルに宿泊した顧客感想コメントなど。

ネットで宿泊するホテルを予約する時などに
参考にしています。

そこで「部屋が汚い」とか書かれていると、
いくら安くても、さすがにパスします。

反対に「スタッフサービスが最高でした」
とか書かれていれば、どんなかな?
是非、行ってみたいなあと思います。

WEB上でも、お客様与える影響は結構大きく
顧客リサーチはとても重要な事なです。

それに真摯な態度で対応するは必要ですが、
もちろん、色んなお客様がいますから

1つ1つ意見をすべて取り入れるという
あまり現実的ではありません。

多数意見でも、経営という事を考えた場合、
なんでもかんでも、そ通りにしようとする
ちょっと違いますよね。

そんな中でも、これは本質をついているなあという意見は
それがたった1つでも、
大切に拾っていかなければなりません。

ですから、そういう埋もれてしまいがちな
重要な意見を見つける為にも、数多くお客様声を聞かせていただく
というはとても必要なことなんです。

今現在、急成長している会社は、継続的な顧客リサーチを
怠らない会社が多いそうです。

特に企業などで商品開発をしている担当者は
顧客意見に耳を傾ける
これから会社成長になくてはならない重要事項です。

時に気をつけたいが、
冷静に聞く事、そしてそれを継続する事です。

耳ざわりいい事もあるかもしれませんが
本音でキツイ事などを言われたり、書かれたりすると、
企業側も、聞くをやめてしまう事があります。

誰でも、耳痛い事を言われるはツライ作業ですで、
そこで、お客様声はもういいよという事が多いです。

特に専門家になればなるほど、
周り率直な意見に耳を傾けなくなる傾向が強いようです。

「言われなくても、そんなわかってる」
とムッとする、気持ちもわからないではありませんが
そこはグッと我慢して、傾聴して下さい。

特に子供は正直です。
正直さゆえに、とても残酷な生き物ですから
企業側もショックをうける意見もあるかもしれません。

それでも冷静に、聞く事を継続していくが大切なです。

上手くいっていない会社は現状打開策を求めるために
なんとか顧客声を拾っていこうという努力をしますが

逆に、これが現在売上好調会社になると、努力を
怠りがちになるで、そこは気をつけたいですね。

売上がある程度伸びているから、
お客様も現状に満足しているだろうと勝手に決め付けて
しまいがちなんです。

でも、もっと発展するきっかけになる意見などを
拾っていかない事は、会社にとって損失になるかもしれませんから。

そんな顧客声を聞く手法としては、
アンケートやWEBへ書き込みなどありますが

それでも、ふだんお客様と会う機会ない会社は
具体的にそような場を一度つくってみる
いいかもしれません。

意見交換会とか、名目は何でもいい
定期的にそような場を持てると、なおGOODです。

それも特に座談会終了後などオフレコに
いい本音などが聞けるかもしれません。

企業側は、具体的にお客様顔が見えないと、
お客様ことを考えているようで、結構ズレた方向に
商品開発したりしがちです。

「顧客視点が大事」
とは、基本ようによく言われますが

これが本当にできているかというと
結構微妙だったりしますから。

お客様求めるもを売るという
商売基本中基本ではあるですが、

そうは言いつつも、「自分売りたいも」が先行して
お客様は何を求めてるんだろう?
という視点が抜けてしまっている場合があるからです。

それにはお客様に聞くが一番手っとり早い方法です。

そうは言っても、私達士業などは、
お客様声といっても、1対1手続ですから
正直な生声をいただくは、はっきり言って難しいです。

なんといっても、お客様は優しい方ばかりですから。(笑)
いい事ばかり言って下さいます。

それでも、それをありがたく利用させていただき
販促に生かせば、それはそれで大きな成果があがるはずです。

ですから、どんな業種でも「お客様声」は
大事なんですね。

いかがですか?

あなたも、お客様声について、
是非考えてみてくださいね。