同じ内容なに、ある事によって相手から返事が
「イエス」になったり「ノー」になったりする事があるってご存知ですか?

ある事というが、伝え方なんです。

少し言葉が足りなかったり、
言い方によって上手く伝えられないと、思わぬ誤解を受けたりする事も
ありますよね。

伝え方によって、後で失敗したなあ~と思う事ありませんか?

ちゃんと考えて言葉を選ばないと、伝え方って
難しいなあという事を私も日々実感しています。

特に難しいと思うが話し言葉。

こうやって文章にしている時は、何度も読み直して??
と思う所は何度も書き直す事が出来ますが
口から出た言葉は、修正は簡単にはできないですから。

「伝え方」って本当に大事なんです。

伝え方で、最近すごく感心した例が、
皆さんご記憶にもまだあるでは?

そう、あDJポリス!

サッカーW杯予選を突破した日、サポーターで大混雑
渋谷スクランブル交差点で、見事なおまわりさんアナウンス
ニュースになりましたよね?

大勢サポーターが横断するに、ハイタッチをくり返し、
騒然と交通にも支障をきたしていた渋谷で、

後にDJポリスと称賛されるおまわりさんが
見事なアナウンスで興奮状態サポーターたち心を動かしたアレです。

「サポーターみなさんは12番目選手でもあります。
ルールとマナーを守ってフェアプレーで今日喜びを分かち合いましょう」
というアナウンス。

普通おまわりさんなら、
「ルールとマナーを守りましょう」
という、ごく当たり前呼びかけをしていたはずです。

でもきっとそれでは興奮したサポーター集団耳には届かないか、
また届いても何も感じないか、かえって反感をもたれたかもしれません。

でもそこは、DJポリス、「ノー」を「イエス」に変える技術を使
上手にアナウンスしたです。

これは、どんな技術かというと・・・

お願いしたい事をストレートに言うではなく、
「相手好きなこと」や「心地いいこと」から言うことで
相手メリットに変えるというも

言い換えることによって「ノー」と言われそうなことも
「イエス」に変わる可能性がぐんと上がるです。

「サポーターみなさんは12番目選手でもあります」という呼びかけ。
それは応援するサポーターにとってみたら、最も嬉しいことであっ
心地よいことひとつです。

そうなると選手であるからにはルールとマナーを守る
ごく当たり前です。

「ルールとマナーを守ってほしい」というおまわりさんお願いを
サポーター好きなことである「12番目選手である」という
相手好きなことからしたで、受け入れにくいお願いが見事に叶えられたというわけです。

これを普段お願いごとにも応用すれば、
もしかして「ノー」が「イエス」に変わる可能性がぐんとあがるかもしれません。

たとえば残業をお願いする時など

「○○さん作ってくれる資料は、本当に見やすくてプレゼン功率が
あがるんだよね。そこで申し訳ないけど、これ明日までにまとめてもらえると
すごく助かるんだけど、ダメかな?」
とか?

言葉って言霊(ことだま)とも言われたりしますし
使い方次第で、自分に有利に物事を進められたりもします。

現に話が上手な人は、対人コミュニケーションも
上手だし、どんどん出世していきますよね。(笑)

逆に失言で失脚する政治家も多いですし。

天性もあるかもしれませんが、
伝え方も法則を学べば技術でなんとかなるとか。

ちょっと長くなりましたで、あとはまた後日にでも!