今日は、建設業許可の中で
わかりにくいと言われる一式工事について
書きたいと思います。
建設業許可の28業種のなかに
建築一式工事と土木一式工事というのがあります。
この2つの一式工事だけは、他の26業種とは少しくくりが違います。
というか、これが結構わかりにくい部分でもあります。
私も最初にそれを見た時には
一式っていうんだから、それさえもっていれば、
オールマイティーにどんな工事でもできるんじゃない?と思いました。
実際に建設業に携わっている方でも、そう思っている方は
多いようです。
でもこれが違うんですね。
実際は、この建築一式工事というのはそういう許可ではありません。
あくまで、これに該当するのは、新築工事か建築確認の必要な
大規模改修工事なのです。
そういう工事には、様々な専門工事が必要になります。
例えば家の新築なら、大工工事、電気工事、内装工事など
その他にも多くの専門工事の業者が必要になります。
その多くの専門工事の業者に仕事を発注し、下請として管理し、
施主と請負契約を結ぶような業者が持つ許可が
建築一式工事なのです。
ですから、この
建築一式工事 をもっていても、専門工事を
請け負うことはできないのです。内装工事を請け負うなら、
内装工事の許可が必要になるわけです。
ですから元請に必要な許可なのです。
(もちろん厳密に言えば1500万円以上の工事など
他にも要件はありますが、ここでは省きます)
という事で、土木一式工事についても同様です。
というか、土木一式の方が取得は困難です。
この許可が必要な工事は、大掛かりな工事(橋とかダムとか
高速道路など)になりますから、大抵は公共事業の元請がとる
許可になります。

ですから、これから建設業許可を初めて取ろうとする業者さんには
ほとんど関係のない許可となります。