前にも書いた
上手くいかない人、上手くいく人話ですが…

上手くいかない人は、
行動をする前に、これをやったら
多分こういう結果になるかもしれない。

そうすると、もしかしてこういう事態になるかもしれない。
仮説をたてて、検討ばかりしてしまう。

でシュミレーションばかりして
そうなったら、どうしようか?

答えを「あ~でもいない、こ~でもない」
と心配して
なかなか、スタートがきれない。

100%こうやれば上手くいきますよ!
というお墨付きをもらわないと始められない。

でも誰もそんな太鼓判は押してはあげられない。
だって、本当にやってみなければわからないから。

中、絶対事なんてありませんから。

それに対して、上手くいく人は
検討ではなく検証してみる人。

とりあえず始めてみて
結果で検証する人。

たとえ上手くいかなくても
ああ~やっぱりこ方法は無理なんだ。
じゃあ、もうこれはやらないようにしよう。

だったら、次はこ方法に変えてみよう!
そうか!これなら、これ位結果が出た。

それなら、もう少しここをこうしてこうやったらどうか?
など、結果に基づいて検証を繰り返すから
考えているよりも結果が早くわかる。

だんだんダメな方法はそぎ落として
結果が出る方法に絞り込んでいくから
成功スピードが違う。

大抵、ビジネスで上手くいく
多少向う見ずでもフライング気味人。

私も、そ方がいいと教えられてからは
積極的に先に行動するように
自分で意識的に変化をしてきました。

なぜなら、私も上手くいく人になりたいから。
そりゃ~、誰も上手くいかない人には
なりたくありませんよね。笑

そうそう、これってよく言われるお話ですね。
これだけでも、充分なテーマなんですが…。

今日ポイントは少し違います。

最近、ある方お話を聞いて
びっくりしました。

9割人は「変わりたくない」
と思って生きている。
というお話を聞いたからです。

「えっ~嘘、本当?」
と思ってしまいました。

私自身は、変わりたい!
と思って色々行動しています
すご~く意外でした。

きっと、誰でも自分を変えたいと思ってるんじゃないかと…
思いこんでいました。

でも、そうでもないらしいんです。

そもそも「起業しよう」などと
思い立つ人は、自分で自分怖さを
払拭できる人間が多いそうです。(笑、本当?)

そして自分にできることは、
他人も簡単にできるだろうと思ってしまいがち。

でも世9割人は
「変わりたくない」
と思っているらしいです。

なぜ変わりたくないかを分析していくと、
「変化に対する恐怖心」があるらしいですが。

一人では怖いからこそ、自分変化を見守ってくれる存在
を求めている。

「大丈夫だよ」と優しく包み込むように指導してくれる方が
必要らしいです。

ここに大きな溝がありますよね。

よく名選手が名監督になれる訳ではないといいますが
名選手は自分にできた事は
皆もできるはずだと思いこんでしまい、上手くいかないといいます

そんな微妙な心ズレを理解しないと
経営者と社員、上司と部下間でも

「なんで、できないんだ!」
「どうして、やってみない!」
と理解しあえない部分があるかもしれません。

先日、成長する会社を作るには
いかに社員やる気を引き出すが重要か?

という人事評価制度研修を受けた
ついこんな事を考えてしまいました。

あなたは、変わりたいですか?
それとも、変わりたくないですか?