ビジネスを継続していくためには
お客様と信頼関係をむすぶ事
これ重要ですよね。

関係を作るためには、どような事をすれば
効果的なでしょうか?

お客様が満足できる
よい商品サービスを提供するは当然ですが・・・

信頼関係をむすぶ手段として
接触回数を増やすという事がいわれています。

社会心理学者ザイアンス教授(スタンフォード大)が
提唱したザイアンス効果では

人間は人やモノに繰り返し接触することでにより、
それに対して好感を持つようになるという現象で、
ことはマーケティングで頻繁に利用されています。

これはどういうことかというと、
一度に長い時間一緒にいた人よりも
短時間でも何度も頻繁に会う方が信頼を得やすいという事です。

ただし、必ずしもただ接触回数が多い方が良いわけではなく、
相手が不快だと感じる場合接触は
逆に相手好感度を下げてしまいますから注意して下さい。

でザイアンス効果を最大限に活用するためには、
相手に「今回接触は有意義なもであった」
と思わせること

こちら想いなどをプラスして伝えていく事が
ポイントになります。

信頼=接触回数 × 接触時時間 × 想い × 伝え方

顧客と接触回数を多くするということを
取り入れている会社やお店は
上手くいっている所が多いようです。

1回に100万円を販売するよりも

1回1万円を100回販売したほうが

お客様と信頼関係を無理なく、継続できるということです。

では、そ接触回数とは
ように増やしていくでしょうか?

そこには工夫が必要になります。

たくさん方法がありますが
一つにアフターサービスが
あります。

たとえば魚屋さんだったら
包丁研ぎサービス無料!とかを行ったりすると
いいかもしれません。

そういった事があれば、
買う気がなくても、来店できる
接触回数が増えることになります。

、道具をメンテナンスしてあげる。
というは、非常に効果的です。

メガネ屋さんレンズクリーニングサービス

花屋さんでしたら、ハサミ研ぎサービスなんかも良いかもしれません。

何か、買ってもらわなくても
接触をもてる事はないでしょうか?

お客様は、元来、お買い物なしにお店に行く
申し訳ないと思っています。

「気兼ねなく来てくだだいね」と言っても
やっぱり行きにくいで、そこには何かしら理由が必要になるす。

あなた会社やお店でメンテナンスしてあげれるも
ありませんか?

そんなに手間がかからず、何かついでにしてあげられる
ようなもはないですか?

またこれが営業マン場合なら
営業ばかりでは自分好感度を下げるばかりなで、
アフターケア、あいさつ周りなどを中心に行います。

「私は今回あなたに売り込みに来たわけではない」

ということをアピールし、
相手に訪問して、会話を交わした時間が
有意義だと感じてもらう必要があります。

アフターケアをしておけば
またいずれ商品を購入してくれるかもしれないし、
親戚や友人等をお客として紹介してくれるかもしれません。

ザイアンス効果により親近感が増し、
それが結果的に利益を伸ばすことに
繋がるというわけですね。

一度売ったとしても、そ後音信不通では
何か必要になった時に、お客様方からだとしても

「そういえばずいぶんご無沙汰しちゃったから、連絡しずらいなあ
とアクションしにくくならないように、

いつでも気軽に声をかけられるように
接触を持っておく事は重要な事なです。

こちらからなんらか接触を持っているという事は
いつでもなんでも言ってきていいですよという
意思表示になりますから。

接触回数を増やすは恋愛にも
効果があるようですから
積極的に取り入れてみて下さいね。(笑)