今日はお得感という、微妙な感覚を演出して
商品価値を高めるには?というお話です。

買い物した時サービスですが。

まずは一度に複数商品を購入してくれたお客様に対して、
「せっかくまとめて買っていただくですから、少しお安くしましょう」
というサービス方法うち

あなたが店側立場なら、ど部分から値段を引く
一番効果的だと思いますか?

合計額から値段を引く?
価格高い商品から値引きする?
価格が安い商品値引きする?

実はこ場合、価格が安い商品値引き額を提示するが、
一番値引きインパクトが強くなるんです。

どういう事かというと、
たとえばパソコンを購入する時

「パソコンとプリンターをセットで買ったら、パソコン本体価格から1万円値引きします」
という

「パソコンお買い上げ方にはプリンターを無料プレゼント!」
というでは、どちらがお得に感じますか?

たとえプリンター価格が1万円前後で、
値引き額はどちらもそんな変わらないとしても

後者方がお得に感じませんか?
「ただでプリンターもらえる?」と。

私達はタダとか無料という言葉に
とても魅力を感じてしまう生き物ようです。笑

ですから、まとめ買い値引き対象は、
低価格を値引き対象にすることで、
お客様が受取る商品価値を高める事ができるです。

他にも、「同じ金額なら、無料を選ぶ」という
顧客心理を利用して上手くいった例として

漫画喫茶で「利用料半額」チケットを
「1時間無料」チケットに変えて集客力アップした。

ラーメン屋さんでは、「ラーメン100円引き券」を
「トッピング無料券」に変えて集客力アップした。

という実例もあるとか。

あと、もう一つ
小さいおまけも効果があるという話も!

商品購入を決定したお客様は、少額値引きをされるよりも、
それと同額程度おまけをプレゼントしてもらった方が
喜びは大きいというデータがあるそうです。

たとえば洗濯機を買ったお客様には、
洗剤をプレゼントするとか。

メガネを購入して下さった方には、メガネケースをつけるとか。

購入した商品に関連した小さなおまけをつけると
お客様満足度はアップします。

でも、これをプレゼントでなく、金額値引きにしてしまうと
あまり喜ばれません。

確かに洗剤分金額数百円を値引きされても
あまり嬉しくないですよね。

ように少額だと、商品値段にうもれてしまって、
喜びにはつながりません。

一方プレゼント場合は、お客様中で
「プレゼントは別も」と判断される
満足感が得られるというわけです。

ほん小さなおまけも、しかけ次第では大きなお買い得感を生じさ
商品価値を高めることもできるです。

心理は、本当にささいな事で
動かされてしまうんですね。
でしたら、使わない手はありませんよね。