今日は先週書いた伝え方について
考えるきっかけになった本をご紹介します。

「伝え方が9割」 佐々木圭一著

今すごく売れている本ですから
もう読んだ方も多いかもしれませんが
とっても参考になりました。

すごく読みやすく、あっという間に読破。
さすがコトバ専門家本。

相手にメッセージを届ける時も
思った事をそままストレートに言ったり、書いても
中々思うような結果が得られない事って多いですよね?

そんな時にも、次にあげる3つステップを
踏んで、コトバを作っていくと
相手に響くコトバが作れるとか・・・

それは

1.自分中をそままコトバにしない
2.相手中を想像する
3.相手メリットと一致するお願いをする

3つ。

著書にあった例を参考までに。

チカンが頻発する地域があったそうです。
住民はよくある
「チカンに注意」

というポスターを貼っていたですが、
あまり効果はなかったようです。

でも、そポスターコトバを変えたら、
ぴたりとチカンが止まったとか。

それは・・・

「住民みなさまご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございます。」

という張り紙。

なぜ、それがそんなに効果的だったでしょうか?
実はそれは、チカン「嫌いなこと回避」からコトバをつくったから。

最初 「チカンに注意」は、自分中をそまま
コトバにしてしまった為、思うような効果が得られなかったんですね。

ストレートに書けば、チカン方が警戒してなくなるではないかと・・・

でもこれは失敗だったです。
それは、チカン中を想像していなかったから。

チカンにとってみれば、「そう、注意してるね」とだけ伝わった

逆に後者改善版は、チカン中を想像してつくられたコトバ

チカンにとってみれば、
「逮捕はイヤだ」
「ここは住民が協力体制しているんだ」
だったら、ここではチカンするはやめよう!と

住人チカンを止めたいという願いと、
チカン逮捕されたくないという双方にとって
メリットをコトバにした訳です。

最終的な願いはまったく同じでも、
コトバを変えるだけで効果が変わってしまうという例でした。

本当はここで、私も何か上手い事例をあげられるといいですが
それにはまだまだ修行が足りないという事で・・・(-_-;)

でも私もホームページをよく作りますし
セミナーランディングページ制作に頭を悩ます事も多い
コトバにはすごく興味があります。

なんとか上手く応用したいなあと頭をひねっています。

あなたのご参考にもなるかもしれません。