いいお話を聞いたり、いい本を読んで
「これ絶対やってみよう!」と感心したり

「取り入れなきゃ!」と思って
行動する事はとても大事ですよね。

だけど、そもそも「そ思い」を覚えている事が
これまた結構難しいんです。

日々生活や、仕事に追われたり
忙しい毎日を送っていると、

やろうと思った事自体を
忘れてしまってないでしょうか?

特に私は…
いえいえ、私だけじゃありません。
人は忘れっぽいもなんです。

嫌な事、苦しかった記憶。
もう立ち直れないと思った事なんかでも
時はダメだと思っていても

時がたつと
段々痛みも忘れていく、だから生きていけるっていう
便利な面が人間にはあります。

ある意味ありがたい仕組みです。

もちろん
嫌な事はさっさと忘れましょう!

でもいい事、自分にプラスになる事は
何としてでも覚えておかないと
成長、成功はできませんよね。

お金を投資してセミナーに参加したり
本を買って読んで、そ時感動しても
行動しなけりゃ意味がないし、

行動しようと思った事自体を忘れたら
本当に無意味です。

だから覚えている事が大事なんです。

成功論はもちろん大切ですが
今日はそれを覚えておくには?というお話です。

まあ、忘れない方法と言っても、
そんな凄い方法ではありません。

超シンプル!
結論を言えば、書いて記録しておくしかありません。

よく登場する、私師匠口ぐせですが

ビジネスでいう「記憶力」は暗記力ではないですよ。
「記憶力」ではなく、「記録力」です。
と…。

「覚えておく事」は暗記する事じゃなくて
「記録する事」。

「記録する」に特別なスキルなんか必要ないですよね。
誰でもできます。
単純にメモを取ればいいだけ話ですから。

でも、これも意外にメモを取らずに話を聞く方、
結構多くないですか?
実は私もそうでした。

もちろん、業務上絶対忘れちゃ困る事は
必ずビッシリメモりますけど。

でも、対面でマンツーマン
お話になったりすると
話に夢中になって、メモるすぐ忘れてしまったりします。

これはいけませんね、
ビジネスマン基本ですから。

まあ、そ方と別れてから、
思い出しながら書く事はしてますが…

でもそメモもとりっぱなしで、
ずっと手帳中にあるでは
これも役にはたちそうもありません。

セミナー受けると、もちろん
一生懸命レジュメにメモをとるけど、
帰ってきたらそままお蔵入りなんて事も…。

最近はそれじゃあ、さすがにマズイと思い

やろうと思った事は、タスクとして
自分パソコンに付せんに書いて
ペタペタ貼りつけています。

これなら毎日目に入るし、忘れようがありません。
だからパソコン付せんだらけで
見た目は全然よくないです。笑

そして済んだもからはがしていきます。

そして簡単には達成できない
忘れてはいけないスローガンようなも

コルクボードに貼って毎日眺められるように
してあります。

パソコン壁紙にして、
電源立ち上げた度に見るも効果ありそうです。

方法は人それぞれで
自分環境にあったもをチョイスすればいいですが

ただ自分記憶力なんてもだけはアテにしてはいけません。

忘れない工夫してみて下さいね。