大抵ビジネスというは、
顧客が再購入を繰り返す事で安定した収益があがっていきます。

とはいっても、最初にそ顧客と取引が始まらない事には
再購入も望めませんから、
一番キモは集客ですよね。

集客ですが
最初顧客獲得時には多少損をしたとしても
再購入してくれる顧客数を少しずつ確実に増やしていく事ができるなら
積み重ねによって、大きく収益をばしていく事は可能なわけです。

たとえ最初集客時は収支トントン、または多少マイナスになったとしても
顧客にバックエンドで収益を上げればいいですから。

今日は、そんな最初は赤字覚悟サービスで集客して
バックエンドで巨万富を得たというビジネスモデルお話です。

それはエアコンやヒーター修理で600万ドル利益を
あげたアメリカ会社。

会社ビジネスモデルは、いたってシンプル。

まず1年に2回、顧客全員に手紙を送ります。

「19ドル95セントでエアコンやヒータークリーニングと点検
します!」と・・・

もちろん、広告も出します。

寒い冬にはヒーター、春と夏にはエアコン
クリーニングと点検お手紙を出すわけです。

そしてこサービスは、わずか19ドル95セント
格安サービス。

でも、本来これは30ドルはかかるサービスな
1件につき約10ドルも損をしている事になるですが・・・

では一体どこで収益をあげるか?

実はこ点検サービスを利用した人うち約5割は
点検中に、何かしらトラブルが発見され
急ぎ修理が必要になるという事が統計で判明したです。

修理には最低でも125ドルはかかる
点検を格安で引き受けて赤字になったとしても
分、非常に利益あがる修理が受注できるという具合です。

たとえ最初サービスで10ドル分、損をしたとしても、
点検で不具合が見つかれば、そ場で充分な利益があがるという事です。

またそうやって集客した新規顧客うち半数は、
何年か間に不具合が見つかる為
通常全額負担修理を頼む事になるケースも多いとか。

みかけは少しずつ損出る19ドル95セントビジネスですが
積み重ねる結果、これまでに新規顧客から250万ドル以上上が
あがったそうです。

まずは目玉になる商品サービスで集客して、
顧客に、利益あがるバックエンドとなる仕組みを作る。
とてもシンプルな仕組みです。

際も、1回だけではない再購入システムを構築すれば
お客様が自社にもたらしてくれる生涯利益が
シュミレーションできます。

結果、集客にいくらまでならかけられるか?
ずと、わかる訳ですね。

上手くいっているビジネスは意外とシンプルな仕組みになっている事が
多いようです。