あなたも、毎日お仕事お忙しいですよね?

私達は日々仕事に追いたてられていますが
実は業務には2つ種類があります。

それは、
「現在業務」と「未来業務」です。

売上を獲得するため仕事が現在業務。
まあ、いわゆる通常業務です。

日々忙しいは、こちらではないでしょうか?

そして、今よりも少し先将来為に
仕組みを作ったり、戦略を考えたりする
未来業務です。

現在仕事をこなすだけでいっぱいいっぱいですよ。
という声が聞こえてきそうですが・・・(笑)

事業が軌道にるまでは
まずは「現在業務」に100%力を注いで
売上をあげるはもちろんです。

でも売上がある程度安定してきたら
100%中に少しづつでも
未来業務をする時間枠を作るはとても大切な事です。

業務が大切なはモチロンなですが、
それだけに追われいると、
将来さらなる発展はあり得ません。

特に経営者たるも、先を先を見て行かなければ
なりません。

でも「未来業務」って一体何をするんだ?
と思われた方は

とりあえず
「見込み客集め」仕組みづくりから
取り組んでみてはいかがでしょう。

見込み客さえいれば、
ビジネスは何とでもなるからです。

行き当たりばったり売上ではない
仕組みづくりは時間を取る価値は絶対にあるハズです。

またサラリーマン方が将来為に
資格や勉強するというも、こ未来業務に入りますよね。

それでも毎日、忙しくてたまらないに、いきなり未来業務
増やすなんて、時間がないよと思われるかもしれません。

でも時間は作るもと言われるじゃないですか?
作るという意識を持たないかぎり、絶対に作れませんよね。

方法として手帳にアポイントとして強制的に
日時を指定していれてしまうというもいい手段1つです。

自分将来為にする業務時間比率を
だんだん大きくしていけるように
自分時間というもを見直して
工夫してみてはいかがでしょうか?