今日はちょっぴり固いお話ですが
販促費の事を考えてみたいと思います。

ビジネスを営むうえで、費用対効果を考える事は、
絶対必要ですよね?

新規のお客様を獲得する為にかかる費用や
お客様を維持する為の費用など。

これを使うことによって、どれだけの効果が得られるか?

広告などの販促ツールを使う際に絶対考えなくては
ならない事ですよね?

その費用対効果の重要なキーワード
「生涯価値」ご存知ですか?

これ、どういう事かと言うと
「1人のお客様が、あなたの会社で、トータルどのくらいの
お金を使ってくれるのか?」
を考えるという事です。

普通、新規のお客様を獲得する費用は
1回にあがる利益を考えますよね。

美容室を例にして考えてみますと
カットとパーマで1回に約1万円かかる美容室の場合。

原価としてパーマの薬剤などが1000円かかると仮定して
1回あたりの粗利が約9000円。
(ここではその他の経費は除いて考えます)

じゃあそのお客様獲得に使ってよい費用は
8,999円内でしょうか?

もしこのお客様が1回しかこの美容室に来ない方であれば
そうなのかもしれません。

でも通常はそんな事ないですよね?

美容室などで、1回だけしか通わないというのは、あまりありません。
まあ、よほど気に入らなかった場合はありえますが・・・

お客様は色んな方がいらっしゃるので
例としてAさん、Bさん、Cさんで考えてみます。

Aさんが、2か月に1回、この美容室に2年間通ってくれたとすると
9,000円×12ヶ月=108,000円
生涯利益は108,000円になります。

また、Bさんはカットとパーマにカラーもして
15,000円で24ヶ月来てくれるかもしれません。
生涯利益は15,000円×24ヶ月=360,000円

Cさんは1度だけのお客様の場合もあります。
4,000円×1回=4,000円

このように、色んなお客様がいます。

お客様を新規に獲得できれば、
平均いくらの利益を自社にもたらしてくれるのか?
という事を計算してみる事がとても重要です。

この生涯利益が、平均して1人、約150,000円だとすると
1人のお客様獲得にかけていいコストは最高149,999円まで
使っていい事になります。

生涯利益を考えるかどうかによって
1人のお客様獲得のコストがまるで違ってきます。

新規のお客様にいくらまでかけられるのか?

これを意識すれば、広告などの販促物にかけられる
金額がわかりますので
ためらう必要はなくなります。

是非、一度考えてみられてはいかがでしょう?