今回は、学生起業成功例からビジネスモデルを検証してみようと
思います。

新鮮なアイデア業態は、柔軟な発想学生起業から始まる事が
とても多いといいます。
ですからあなた発想参考になる事もあるかもしれませんよ?

まずは、自身がアメリカ留学した時体験をもとに、
ルームシェア専門会社を立ち上げたモデルから。

起業当初は、ルームシェアが可能な物件を斡旋する不動産仲介業を
主にやっていたですが、留学生にそニーズが多いという事に気付いてから
『留学生向けルームシェア』に特化した会社です。

現在は留学生寮管理・運営業務やホームステイ運営代行業務など
幅広く展開しているとか。

ひとつ屋根下に他人が一緒に暮らすというルームシェアは
良い事ばかりでなく、またトラブルも多いという問題があります。

ですから普通賃貸契約書だけでなく、
独自に生活ルール取り決め契約書を作るなど工夫を取り入れ
会社特徴でもあります。

「何時以降は静かにする」とか「ゴミ当番は誰にする」とか、
あらゆることを明文化しておくという、こ契約書システムが好評
売上を伸ばしているようです。

自分留学時に寮でルームシェアした体験をもとに、
ここにニーズがあるとビジネスモデルを作り、
起業後、適宜修正を加えていき、上手くいった事例です。

体験ばかりは実際にやってみないとわかりません。

自由な時間が多い学生時代に、旅行やバイトやボランティアなど
様々な体験をしておくという
やっぱりオススメなんですね~。

それにはただ、ボ~と遊び歩くだけでなく、
するどい観察眼も必要ですが・・・(笑)

次は、資金がない大学生が起業する為にどように考えたか?
という事例です。

これはお金がないならば
「先に収入があって、後でコストが出ていく」
というビジネスモデルを見つければいいという発想です。

先に広告主を見つけ、そこに広告料を払ってもらい
お金で印刷したルーズリーフを学生向けに無料で配布して
広告するというサービス、『ルーズフリー』。

確かに先に広告費という資金調達後に、初めてルーズリーフへ刷という
コストが発生するで、それなら開業資金がなくても始められます

ルーズリーフ上部余白にバナー広告を掲載するで、
学生が授業などで、文字を書く間は、広告が嫌でも目に入ります。
またノートはテスト時など、読み返したりする機会も多いです。

既存フリーペーパーだと、必要な個所だけ読んだら
ポイっと捨てられちゃいますから。
はるかに高い広告効果は期待できるというわけです。

基本的な考え方はフリーペーパーと同じでありながら
学生が必要としていて、欲しがるもに広告を載せるというがスグレモノ?

また、大学校門などで手配りするで理系や看護系学生になど
特定広告ターゲット学生に絞って配布する事も可能となります
費用対効果面からも優秀です。

また自身が学生である事から、テスト前などルーズリーフが必要な時期もわかりますから
受け取ってくれるタイミングもバッチリ把握できるという。

でも実はこビジネスモデル、日本学生が考え出したサービス
というわけではないです。

もとはアメリカ・カリフォルニア大学で上手くいったサービスなんだとか。
それでも成功したは、なんといっても日本で最初にはじめたから
先行者利益はやっぱり大きいです。

自分で1から新しい事を考えなくても
外国で成功しているモデルを日本で一番最初にやれば
十分上手くいくという事例です。

既存常識に凝り固まった頭では、ブレイクスルーはおきません。
そうやって考えると、柔軟な発想ができる、若者とふれあいも
大切かもしれませんよね?

若い方とも会話していますか?