あなたは、新商品お好きですか?

私はというと、今までそうでもありませんでした。

それは新商品が嫌いとかいうではなく、
正確に言うと、あまり興味を持たなかったというが近いかもしれません。

これを分析してみると、
なぜ興味を持たなかったか?
それは、積極的にそ情報を取りにいかなかったからです。

だから、そ新商品事をよく知らずに、
「よくわからないけど、どうも便利らしい・・・」
と、あまり興味がわかなかったというが本当ところです。

今回購入したスキャナ事も、以前知人がよいと言っている
聞いた時は、「ふ~ん」位にしか興味を持たなかったです。

でも、今回ある興味フックから、そ製品事を調べ始めたら

「何これ、こんな事もできる?」

「すごい、これがあれば○○もできるんだ、やだすごい便利じゃん
これがあれば、アレもできる。。。コレもできる。。。
絶対買おう!」

と興味コップがあふれてしまって、購入に至りました。

でもこれも、自分で情報をかき集めて、色々調べて
疑問などをすべて解消することができたから
購入する事ができたです。

ですから、ここまで情報を集めなければ、きっと
いいな~、欲しいな、だけど・・・
どうしようかな?と迷いつつ、そうち毎日雑事に追われ
購入には至らなかったかもしれません。

実際、今までにもそういう事ってよくありました。

あなたも、そんな風に買おうかなと思っていたに、
なかなか購入に 至らなかった物ってありませんでしたか?
もちろん金額で折り合いは必須ですよね。

でもお金理由とかだけじゃなくて、
買おうかなと思ってたけど、いつまにか忘れてしまったという物
日ごろ意識していないだけで、きっとたくさんあるではないかと思います。

そうやって考えると、

あなた会社商品・サービスを購入したいと考えている
どこかで止まってしまったという人も、
思っている以上に沢山いるではないでしょうか?

見込客何割か方は、特に何もしなくても、
商品・サービスを購入してくれるかもしれません。

でも、残り何割か方は
あなたが何もしなければ、商品・サービスを購入する機会を
得られないまま、何もせず去っていくかもしれません。

商品・サービスを購入したいという気持ちをもった優良なお客様を
もしかしたら、みすみす取りこぼしているかもしれないです。

もしあなたが「もっと売上を伸ばしたい」と考えるなら、
見込客に対して積極的にアプローチしない手はありませんよね

あなた商品・サービスを購入したいに行動できていない人は、
一体どんなことに悩み、どんな理由でつまづき
購入をためらっているでしょうか?

見込客に対して、あなたは何ができますか?
そして、どんなアプローチをするべきでしょうか?

見込客興味コップを溢れさせれば、
あなたお客様になるはずです。

では、そコップを溢れさすには、
あなたは具体的にどうしたらいいでしょう?

注ぎ込むもは、そ商品・サービス情報です。

方法、じっくり考えてみませんか?