本日は、建設業許可新規申請の押印を頂きにお客様の事務所に伺いました。

6年間以上、建設業を経営していた事を証明するための請求書の原本と
通帳の原本をお借りする為に、突合せをして確認したのですが、

お客様:「こんなに、建設業許可取るのって大変なんですね~。
でもこれ全部取っていない人はどうするんですか?」

私:「取っていない人は、建設業許可が取れないんですよ~。
そういう人は、新たに書類を保存して、また必要年間たたないと申請できないんです。」

お客様:「そうなんですか・・・・、取っておいて良かったです。」

と、ホッとされていました。

本当なら、注文書があったので、請書の写しがあれば、もっと楽だったのですが。

なので、これからは必ず請書はコピーを取ってから、発注先に返却するように習慣化して下さいねとお願いしました。

いつも思うのですが、建設業を個人事業で始めたり、法人で始めたりした時には、当分許可を取る予定がなくても、まずはご相談しておいて頂ければなあと思います。
保存しておかないといけない書類や、注意事項をお伝えしたい・・・。

ジレンマです。